読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年、改めて自戒

これまでの経験上、大きく下げて投げ売られた後に買った銘柄は非常に利益が出ています。今年も暴落を仕込み場としてうまく活用したいと思いますし、そのためにはリスクコントロールを改めて意識しておかないといけないと思います。

 

2016年は年初からじわじわと下げ続けて非常に嫌な展開でした。下げ相場の時にはトレンドに逆らわずキャッシュポジを多めにして、じっくり暴落を待つ。1回目の暴落では飛びつかない。できれば3番底ぐらいまでじっくりと引き付けて待つ意識を持ちたいと思います。

 

そして、暴落で買うことができるために、キャッシュを多めに持っていること、ポジションサイズに余裕を持っていられるように調整しておきたいと思います。そのためにも攻めの局面ではなるべく利は伸ばしておきたい。2017年ですが、年初は強気で考えていますが、どうなるかは分かりませんので柔軟に対処できるようにしたいですね。

 

ブレクジットでは結構ポジションを閉じたのですが、もし仮にEU離脱となった場合どうするかはあらかじめ考えていて、淡々とその通りにしました。その判断が正解なのかどうかは分かりませんが、あの局面ではリスクを取りすぎていたと判断したためにそのようにしました。逆にトランプショックの時には大統領選前にポジション調整をしていましたので、許容範囲内だったために特に何も(売り買い)していません。やはり、重大イベント前に許容できるリスクを超えてポジションを持ちすぎていたことがそもそもダメでしたね。それと過度にマスコミは信じないように。今年もいろいろと波乱があるかと思うのですが、自己をコントロールできるようにしたいと思います。