読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メタップスに対してのスタンス整理

メタップス

いよいよ明日、メタップスが1Q決算です。注目度は高いでしょう。調整を挟んでの決算ですが、果たしてどうなるのでしょうか。サプライズは無くてもいいので、まずは無事に通過してくれるとよいのですが・・・。

 

4Q黒字を見て、収益構造の変化が起きつつあると思って購入したところがありますので、本音としては1Q黒字はなんとか達成していて欲しいとは思います。フィンテック事業の状況も非常に気になりますし、みずほとの提携については何か具体的な言及があるのでしょうか・・・。 

 

ただ、佐藤航陽(かつあき)社長のブログだったりいろいろな対談等の記事を見ると、新しいテクノロジーを実際の経済に橋渡ししていける人ではないかと感じましたので、この会社の事業の将来性も考えるとまだまだホールドしたい、とは思っています。社長が持つビジョンであったり考え方に惹かれるという意味ではユーグレナの出雲社長とも通じるところがあります。今年はぜひ株主総会にも行ってみたいです。

 

短期的にここまで下げるようであればと思って、先週金曜に3,350円で注文を出していたところ定約していました。この買い増し分については含みはあってないようなものだと思いますので、月曜どうするかは悩ましいところです・・・

 

タップスに対しての現在のスタンス(持ち越すかどうか)ですが、

  • ここ数日の値動きよりも数ヶ月~数年先への期待感の方が大きい
  • 今年に入ってから高値圏の株を売却してキャッシュ比率を高めていた
  • 買い増しで取得単価が上がったものの2千円台の前半なので、(値幅での)余裕が多少ある

従って、決算リスクはありますのでいったんポジションを解消した方がよいのかもしれないですが、再度うまくインする自信はありませんので、今の多少余裕がある状態を維持したままにしようと思っています。 ただ、あまり自分の考えに固執しすぎないようにということだけは肝に銘じておきたいと思います。

 

と書いたところで、とりあえず今から気分転換にテニスしてきます。