読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どのように株を覚えてきたの?

投資全般

いろいろと銘柄を調べたりはしているのですが、ここ数日は取引を全くしていないので、これまで株取引を覚えてきた経緯を簡単にまとめてみようかな、と思います。

 ***

自分の場合ですが、最初に何かの本で勉強したりはせずに、とにかくまずは買ってみました。きっかけはうろ覚えですが、「プレジデント」に株の記事があってちょっとやってみようかな程度で、楽天証券ですぐに口座開設できたので始めてみました。

取引履歴を確認したところ、オリックスと三井海洋開発を最初に買っていて、すぐに三井海洋開発を損切しています。ビギナーズラックはなく損失からのスタートでした。株保有中は仕事をしていてもそわそわして、仕事が手につかなかったのをよく覚えています。

ただマイナスからのスタートだったのは逆に良かったと思っています。それから、まずは成功している人のブログではなく、失敗(いわゆる退場)したブログをいろいろと読みました。そこで、なぜそうなってしまったのかを自分なりに考えることができたことが良かったのではないかと思っています。そこからリスク管理については結構考えるようになりましたね・・・。

トレード技術については実践を通じて覚えました(今もかなり下手ですが・・・)。いちごグループケネディクス、ADワークス、とか不動産銘柄を数株で頻繁に売買していた記録が残っています。取引については一応取引日誌的なものをつけるようにしていて、それを見て反省したり、テクニカル的な指標をネットで探しては試したりして、試行錯誤しながら覚えていきました。やっぱり当時は株取引自体が楽しくて仕方なかったんですよね。その頃は土日が無くていいと思っていたときもありましたから・・・。

今も取引履歴はつけるようにしてますが、今は

  • 何時、何を、どれだけ(量)、いくらで、買った/売った
  • 買った理由/売った理由
  • 相場の雰囲気はどうだったか
  • 自身のメンタル
  • チャート

を一応残すようにはしていて(デイトレしないので残せるのかも)、自分なりに振り返ってダメだったところを改善するようにしています。が、同じ失敗を繰り返すこともよくあります(苦笑)

本を買って読んでみたのはずいぶん後でしたので、その点では順番が逆だったのかもしれません。例えば、「ニュートレーダー×リッチトレーダー」は薄くてすぐに読めるので時々読み返しています。相場ローテーションの本はマクロ的な観点を持つのに役に立ったのかな、と。

f:id:akkeyhan:20170220203725j:plain

 日常的な情報収集として定期購読しているのは

ぐらいですかね。不定期で雑誌を買ったりはありますけど。闇株新聞はなかなか難しくてあまり理解できていないです(苦笑)。後は各種サイトの定期チェック。

前はシーテックとか行っていたのですが、最近は足を動かしてというのが少なくなってきた気がします。今年はできる限り株主総会にも足を運びたいですね。